FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

外国為替業者・レバレッジで比較

こんにちは、管理人です。外国為替、通称FXについて今回もお話していきます!

外国為替、FX業者は数多くあります。中にはJASDAQに上場している業者もあります。ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析などが外国為替にはありますが、今回は外国為替のレバレッジと業者についてお話をしていきましょう。

まず最初にレバレッジとは何か、ということから始めましょう。レバレッジを日本語になおすと”てこ”になります。みなさんも知っているてこの原理のてこです。つまり小さな力で大きな力を生むことです。これを外国為替に置き換えると小額の証拠金でその何倍ものお金の取引をすることです。例えを出します。10万円で10万ドル(1000万と計算)を買うという取引は1000万は10万の100倍なのでレバレッジ100倍となります。10万円で1000ドルの取引をするのはレバレッジ1倍になりますね。このレバレッジの倍率は外国為替業者によって違いがあります。1ドル100円を1万ドルかって、ドル高になり1ドル99円の価値になれば、1万円の損となります。1ドル101円になれば1万円の得となります。つまりレバレッジが高ければ高いほど利益や損失の幅も大きくなるのです。このレバレッジこそが外国為替最大の特徴といっても過言ではないでしょう。

現在レバレッジには金融庁により規制がはいることが決定しました。50倍と25倍と段階的に下げていくそうです。

スプレッドも、外国為替業者の選定には重要

こんにちは。新しい年になりました。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
さて、今年は外国為替でひとつ稼いでみるか!と決心された人も多いかも知れません。FX初心者も株初心者も、こつこつと稼ぐ気持ちと、リスク管理さえ徹底していれば、大きく失敗することはないといわれています。
今年こそ、外国為替でぜひ成功したいですよね!頑張りましょう!!

今日のお話しのターゲットは「スプレッド」です。私たちが、外国為替証拠金取引で業者に支払うのは、手数料だけではありません。スプレッドとは、FX業者の実質の外貨売買手数料ということになります。各社のスプレッドを調べて、よりお得な業者を選んでみませんか?

外国為替レートをみると、そこには買値と売値が表示されていますが、この差額がスプレッド。またそれが同時に、FX業者の外貨売買手数料になり、つまりはこれがFX業者の利益となるわけです。

スプレッド幅は、単純に小さいほうが、投資家である私たちにはお得ですよね。
もしも値動きが小さくても、そのほうが利益確定のチャンスがあります。
スプレッドは、外国為替取引を行っている業者ごとに、会社で自由に設定していますので、安いところもあれば、高いところもあります。
もちろん、スプレッドだけでなく、スワップポイントや他の手数料と、トータルで考える必要がありますが、スプレッドだけをいえば、できるだけ安いほうが、その分私たちにとってはお得だといえます。

外国為替の業者を、注文システムで比較!

こんにちは。今日のFX会社を比較する方法のポイントは注文システムです!FX業者はご存知の通り、とにかく数が多いですから、どれを利用するかを絞るときには、自分なりの条件付けが必要になってきますよね。

外国為替証拠金取引の注文システムについても、業者それぞれのやり方があるので、まずは自分が使いやすいものをみつけなくてはいけません。また、色々な機能を駆使することで、しっかりリスクを避けて、取引を有利にしましょう!下記で、外国為替取引での主な注文システムをご紹介します。

■期日指定注文
注文時に有効期限を決め、その期日まで、注文条件で自動的に発注します。
期間内に注文が成立すれば、その時点で発注も終了です。

■成行注文(2WAY注文)
注文時点で示されている売値と買値で売買する注文方法で、すぐに取引したいときに向いています。売りと買いの両方を見ながら注文するため、2WAY注文とも呼ばれます。

■トレール注文
外国為替相場の値動きに合わせ、逆指値の価格を上下する注文方法。逆指値レートと実勢レートの値幅をあらかじめ指定できます。手持ちのポジションのリスク限定にオススメです。

■IFD注文
同時に 2つの指値注文を行い、1番目の注文が成立したら、自動的に2番目の注文が有効になるという方法。あらかじめ、買売する価格を決めたい時に便利。この時、1番目の注文が成立しないと、2番目の注文も成立しません。

■OCO注文
同時に2つの指値注文を行い、1つの注文が成立したら、自動的にもう1つの注文が取消される方法。手持ち通貨の価格上昇での利益の確定と、下落時の損失限定の注文が同時にできます。

業者比較の前に~外国為替取引のリスクとは?

こんにちは。管理人です。
業者比較の前に~ということで、今日は外国為替取引のリスクについても考えてみようと思います。やっぱり、どんな初心者でも出来るといっても、外国為替取引、FXは金融商品ですからリスクも当然付いてきます。ギャンブルみたいなものだ、という人だっていますよね。やはり、やるからには、しっかりとリスクを回避したいもの。損失を大きくしないためにも、ちゃんとリスクは把握しておきましょう。

■外国為替レートの変動リスク
外国為替証拠金取引をするときには、絶対に避けられないリスクです。取引している通貨の価値が下がり、為替差損による損失金が発生してしまいます。でも、データ分析を行うことで、それなりに予測することも可能です。

■レバレッジのリスク
外国為替証拠金取引・FXは、レバレッジを効かせる事で、証拠金の倍以上の金額を運用することができ、利益が出た場合はより大きなメリットにもなりますが、逆に損失を出してしまった時、預けた証拠金からマイナスされるのはもちろん、それ以上に損失分を業者へ支払わなくてはいけないことも。ロスカットなどを利用して、大きな損失を防ぐ必要があります。

■スワップポイント・金利変動のリスク
金利が低い通貨 → 金利が高い通貨を買って、それを保持することでFXスワップポイントという利益を受け取ることになりますが、この2通貨間の金利が逆になると、損失が発生し、逆にその分の金利を支払わなければいけないことに。

業者選びも重要ですが、業者の良し悪しを調べる前に、まずは基本的なFXのリスクを知っておきましょう。

外国為替の業者、どうやって選ぶ?

こんにちは。管理人です。あなたは外国為替に興味がありますか?
きっとこのサイトにやってきたということは、おそらく外国為替に興味がある方だと思います。
最近は、いろんな外国為替取引が広まっています。FXなどは、その代表格かもしれませんね。初心者であっても、ほんの少しの元手で始められるということで、年々個人投資家も増えてきており、FX業者の数も大変多くなりました。
それに伴い、業者間の顧客獲得競争は年々ヒートアップしてきており、さまざまなFX業者が、色んなサービス展開をし続けています。

今までは、どちらかというとFXなどの外国為替取引は、一部の人が行うもの・・・というイメージがありましたが、近年は初心者の人でも、どんどん参加し始めています。『じゃあ、自分もやってみようかな!』と思われる人がとても増えたのではないでしょうか。

でも、初心者にとってやはり難しいことも多くあります。そのひとつが外国為替取引を行う際の業者選びではないでしょうか。インターネットで調べてみようと思っても、情報は氾濫しているし、本当に自分にとってぴったりな業者はどこなのか、見極めるのは、初心者にはなかなかの至難の業かもしれません・・・。

そんな人にとって、お役に立てるようなサイトを作りたいな、と思い、このサイトを立ち上げてみました。管理人もまだまだ始めたばかりの外国為替取引ですが、あなたの業者選びにとって、少しでも参考になればいいな、と思っています。

経済