業者で比較!外国為替取引にかかるコストとは

こんにちは。管理人です。
外国為替取引をする時に、まずは気になるのは、『いったいいくらかかるのか?』という、コスト面のことではないでしょうか。
外国為替証拠金取引の口座を設けて、実際に注文をするまで、実は初期費用や手数料などの、ある一定のコストがかかってきます。
それがいくらぐらい必要なのかというコストの目安について、今日はお話していきたいと思います。

外国為替証拠金取引の初期費用
●口座開設費用(口座開設時に預ける最低金額) ・・・ 0円~300,000円
●最低必要証拠金(取引するために最低限必要な証拠金の額) ・・・50,000円~120,000円

外国為替証拠金取引の手数料
●通常手数料 1回の売買成立ごとにかかる手数料・・・0円~1000円(1万通貨あたり・片道分)
●デイトレード手数料・・・0円~1000円(1万通貨あたり・片道分)
●スプレッド(売値と買値の差額、FX業者の手数料)・・・0円~1000円(1万通貨あたり・片道分)
●入金手数料(口座に証拠金を振込む手数料)・・・1回0円~1,000円
●出金手数料(FX業者から利益金などを指定口座に振込んでもらう手数料)・・・1回0円~10,000円
●口座維持手数料・・・0円~10,000円

業者によってかなり幅がありますので、これらはあくまでも目安ですが、実際に外国為替取引を行う時には、色々とコストがかかってくることがわかっていただけたと思います。業者を比較するときには重要なポイントになりますので、しっかり把握しておいてくださいね。

経済