業者比較の前に~外国為替取引の注文について

こんにちは。管理人です。なんだか肌寒い夏ですね。今日は外国為替取引の注文方法についてお話ししていきましょう。これも、外国為替取引を行ううえでは、基本中の基本です!注文方法とその仕組みについてしっかり把握して、リスク回避を行うことが大切ですよ!

■指値注文
注文した時点の為替レートを基準にします。自分が指定した価格よりも安くなったら買うことを指値買い、指定した価格よりも高くなったら売ることを、指値売りと呼んだりします。
例えば、FX業者に対して1ドル=100円の時点で、「1ドル=105円に上がったら売るように」と指示を出しておきます。もしもその希望の価格になれば、自動的に売買できますが、その指定した金額にならなかった場合、売買は成立しません。

■成行注文
注文時点で提示されているレートを確認して、それでOKなら、その価格でそのまま売買するという注文方法のことです。
売値と買値を同時に提示するので、この成行注文の方法は、「ツーウェイ・クオート」または「ツーウェイ・プライス」という呼び名で言われることもあります。

例えば、USD(100円5銭)/JPY(100円8銭) と表示されているときに、この成行注文を行うと、このケースであれば、私たちは100円8銭でドルを買うことができる、という仕組みになっています。外国為替取引の注文の仕方は、初心者であってもまずはマスターしておきたいところ。注文方法はしっかり習得しておきましょう!

経済