外国為替業者の比較・商品も重要!

こんにちは。今日の外国為替の比較は、取り扱っている商品(通貨)について考えてみたいと思います。
FX会社が、外国為替証拠金取引で取扱う通貨の種類なんて、気にしたことない?
いいえ、通貨の種類が多くなれば、それだけ投資の幅が広がるというもの。
それに何種類にも分けて投資すれば、リスクも分散できるというメリットもありますよ。
まずは外国為替証拠金取引において、主要な通貨とそれぞれの特徴についてご紹介します。

●米ドル(アメリカ)
世界中で汎用されている外国為替市場の中心となる通貨と言えばコチラの米ドルです。
米ドルは、為替手数料が安くその為替の値動きを予測する判断材料も一番多いので、外国為替取引ビギナーにオススメな通貨です。

●ユーロ(欧州12カ国)
米ドルに次ぐ影響力があるのがこちらのユーロです。
欧州中央銀行(ECB)の金利政策や、ヨーロッパの経済の動きを見て見極めましょう。

●ポンド(イギリス)
短期間で価格が大きく動き、また金利も高いため、ビギナーよりはプロの投資家向け。
ユーロに参加するかどうか、最近注目されている通貨です。

●豪ドル(オーストラリア)
オーストラリアは天然資源の輸出が活発。鉱産物などの値動きが重要なカギになります。
また金利が高いこの豪ドルは、他の通貨の値動きの影響は大変受けにくい通貨だといわれています。

●カナダドル(カナダ)
日本円と比べると金利は高め。米ドルの影響を受けやすいという特徴があります。
経常黒字、貿易黒字から伝統的に安定してきたと認識されている通貨です。

●スイスフラン(スイス)
永世中立国という理由もあり、戦争など有事の時は、安全な通貨として認識され人気です。

経済